コンセントを増やす

リビングとインテリア

家庭内や企業内などでは、様々な電化製品が使用されている。それらの電化製品の利用において欠かすことができないのが、コンセントである。 コンセントの場所が離れていたり、数が少ないことで、電化製品の設置や利用に支障をきたすことになる。 これらのコンセントを増設するための工夫としては、いくつかのことがある。まずは、電源タップを利用する方法である。1つの差し込み口に対して、3つなどのように増設でき、また安価に販売されているため、一先ず増設したい場合には有効な手段になる。 ただし、電源タップではたこ足配線の問題があり、大容量の電化製品で多く利用するとショートするなど危険性も伴う。その為、定常的にコンセントの数を増やしたい場合には増設工事が最適になる。

コンセントを増設する方法には、最近ではいくつかの方法がある。まずは、既存のコンセントの差込口を増やすという方法である。この場合、新たに配線を増やすのではなく、現状あるコンセントの口を増やす工事になるため、簡易的に工事を行ってもらうことが可能であり、低コストで工事を行ってもらうことができる。 また、最近では電源と合わせて光回線などの差込口も併せて増設したいというニーズもある。その為、電源コンセントと合わせて通信回線の増設工事も同時におこなってもらうということもトレンドとしてある。 その他、トイレにウォシュレットを設置するために、コンセントを設置する工事や、エアコン設置に関連し増設する場合なども増えている。