3つに分類

見下ろしたリビング

業務用エアコンは、病院、商店、デパート、ホテル、工場など様々な場所で利用されています。業務用エアコンは、家庭用エアコンとは大きく異なります。異なる点はパワーが違います。広い場所で利用するので家庭用エアコンよりもパワーがあります。 業務用エアコンは大きく3つの種類に分けることができます。「店舗用エアコン」、「ビル用エアコン」、「設備用エアコン」の3つです。それぞれ利用する場所において使い分けをします。店舗用エアコンは、主に小規模な店舗に使用します。ビル用エアコンは中規模のクラスのビルまで対応できるエアコンです。室外機を連結して、多くの室内機を個別に制御することが可能です。設備用エアコンは大きな工場で使用されます。こうした業務用エアコンは多くの家電メーカーで競合しています。

業務用エアコンは多くの場所で利用されています。ただ、小規模な店舗や事務所では家庭用エアコンを利用されているところもあるようです。そういったところは、業務用エアコンの価格を気にされているようです。確かに、家庭用エアコンと比べると価格は高くなります。ただ、パワーを考えると業務用エアコンのほうが断然あります。それだけ効果が高いということです。価格が高いのは事実ですが、電気代を比べると業務用エアコンのほうが低く抑えることができます。最近の業務用エアコンは以前に比べて省エネが進んでいます。したがって、かなりの電気代の節約が可能となります。このように、ランニングコストは低く抑えることができ、パワーもあるので人気があります。また、価格も以前に比べれば下がってきています。